検査案内

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)

概要

・食欲不振、胃痛、胸やけ、腹部膨満感などの症状のある方、胃がん検診にて精密検査を勧めらた方、胃癌の家族歴のある方、逆流性食道炎や胃のポリープなどを指摘されている方、ピロリ菌の感染が疑われる方や除菌歴のある方などが対象となります。
・経鼻内視鏡により、苦痛の少ない検査を実施しております。
・鎮静剤を用いての検査も可能です。
・空腹時に行う検査のため、午前外来前に施行致します。その後の通勤・通学も可能です(鎮静を行った場合には行動制限を設けさせていただきます)。午前中受診が困難な方はご相談ください。
・原則予約制です。

検査までの流れ

・まずは受診してください。現在の状況の聴取、検査の予約の修得、検査の詳しい説明を行います。胃がん検診などにて受診を勧められた場合などには資料をご持参ください。
・検査前日は19時までに食事を済ませてください。その後の水分摂取は可能です。内服薬のある方は事前の指示に従ってください。お薬手帳をご持参ください。

検査当日

・朝は食事摂取はせずに来院ください。水分摂取は可能です。内服薬のある方は事前の指示に従ってください。
・鼻腔・咽頭への局所麻酔後、検査開始となります。検査時間は観察のみであれば、5分程度で終了します。生検等を行う場合には 検査時間は数分長引くことがございます。
・検査終了1時間後から飲食可能となります。
・検査終了後、撮影した画像をお見せしながら結果説明を行います。生検を行った場合には、結果が出るのに2週間程度かかりますので、再度受診していただくこととなります。
・鎮静を行った場合は1時間程度院内でお休みいただきます。また帰宅を含め、当日ご自身による運転(自転車、自動車、バイクなど)は禁止とさせていただきます。結果説明は後日とさせていただきます。

大腸カメラ(下部消化管内視鏡検査)

概要

・腹痛、下痢、便秘、腹部膨満感などの症状がある方、大腸がん検診にて精密検査を勧められた方、 血便が出た方、 大腸ポリープを指摘されたことがある方、大腸がんの家族歴のある方などが対象となります。
・事前に下剤を服用していただくため、原則予約制です。
・下剤を内服する個室(トイレ付)を用意しております。先着2部屋。
・鎮静剤を用いての検査も可能です。
・日帰り大腸ポリープ切除が可能です(※)。
※切除後は出血のリスクがあるため、1週間程度の行動制限を指示させていただきます。また、出血リスクの高い場合(ポリープが大きい場合、抗血栓薬を内服されている場合など)には当施設にては切除が困難なため、対応可能な医療機関へ紹介させていただくことがございます。また数が多い場合には、一度の治療では出血リスクが高くなるため、複数回に分けて施行させていただくこともございますのでご了承ください。

検査までの流れ

・まずは受診してください。現在の状況の聴取、検査の予約の修得、検査の詳しい説明を行います。大腸がん検診などにて受診を勧められた場合などには資料をご持参ください。
・検査前の食事は普段の排便状況等により指示させていただきます。水分制限はありません。内服薬のある方は事前の指示に従ってください。お薬手帳をご持参ください。
・就寝前に下剤(刺激性下剤)を内服していただきます。

検査当日

・ 朝より下剤(腸管洗浄液)を自宅または院内の前処置室にて内服していただきます。
・ 午前中に腸の洗浄を行っていただき、午後より検査開始となります。
・検査時間は通常20~30分程度です。生検やポリープの切除を行う場合には検査時間は長引くことがございます。
・検査終了後、撮影した画像をお見せしながら結果説明を行います。生検やポリープの切除などを行った場合には、結果が出るのに2週間程度かかりますので、再度受診していただくこととなります。
・検査直後より飲水可能となります。食事開始は検査内容によりご案内させていただきます。
・ポリープ切除を行った場合、出血のリスクがあるため、1週間程度の行動制限を指示させていただきます。
・鎮静を行った場合は1時間程度院内でお休みいただきます。結果説明は後日とさせていただきます。
・ポリープ切除を行った場合、鎮静を行った場合には、帰宅を含め、当日ご自身による運転(自転車、自動車、バイクなど)は禁止とさせていただきます。

腹部超音波検査

・朝の検査は予約制です。症状等に応じて外来においても随時行います。
・主に腹部実質臓器(肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓・腎臓等)についての検査を行います。
・食後の腹痛などの症状がある方、肝機能障害や肝臓疾患を指摘されている方、胆石や胆のうポリープを指摘されている方などが対象となります。